ローコストプラン

制作

モニター什器、店内什器、展示会什器など、コストを抑えたいお客様へ。

スポンサーリンク

無塗装にする

塗装は、加工よりも手間がかかり、更には、塗料が割高のものを使っているため、値段が大幅に上がります。

そのため無塗装にするだけで、大幅にコストを抑えられます。

残材を使用する

残材とは、施工や、制作により、跳ねた(退けた)材料です。節や木質が赤身、黒身が極端にあり、跳ねた材料です。常時この残材が発生するので、これを使用します。コストは、僅かに削減出来ます。

これら材料を使用した品は「アウトレット」ともして定期的に格安販売しています。

仕上げを自動カンナ(荒仕上げ)にする

自動カンナ仕上げとは、1番最初の工程で、木の厚み幅を揃える工程です。超仕上げ、または、ペーパー仕上げを省きます。加工スケジュールはこちら

背後壁をプラスターボードにする(什器タイプにする)

プラスターボードは、非常に値段が安く、カットもカッターで切るので楽です。また、9.5㎜と12.5㎜を使用し、横ブレに対して強いです。4㎜でも高いベニヤを使用するよりも良いです。

プラスターボードとは、国土交通省から指示、認可の燃えない建材で、表面は黄色い紙で、石膏ボードで出来ています。これを塗装し背後壁に使用しています。無塗装の場合は表面は黄色いままとなります。消防法により全ての建築内装に使われておりJIS規格による安全性もクリアしております。

*分厚くズッシリして置き型タイプで、プラスター仕様は、加工の手間もかからず値段が安くモニター什器に使われています。

ローコストプラン例

KIRISASHI.MsBOX(コレクションボックス)無塗装/ローコストプラン例

背後壁全面木(見えない裏面には加工跡があるなど)

KIRISASHI.Ms什器(コレクションボックス)無塗装ローコストプラン例

背後壁プラスターボード

KIRISASHI.MsBOX(コレクションボックス)無塗装ローコストプラン例

全て残材を使用 奥行き150㎜ 2枚継

以上の方法で、お任せ頂くとローコストプランで制作致します。

制作
スポンサーリンク
直ノ八工房/NAONO8COBO
タイトルとURLをコピーしました